健康保険が使える施術院はどこでしょうか?

結論から先に申し上げると「肩こり」「腰痛」等の「慢性的症状」等で「健康保険」を使える「施術院」は日本国において存在しません。
医者(ドクター)は「保険適用」出来ますが、「肩こり」「腰痛」において、医者(ドクター)、自ら、「マッサージ」「施術」「骨盤矯正」をする事はありません。
(理学療法士等の「リハビリ」はある可能性はありますが、医者(ドクター)の指示があり、理学療法士が居る、医療機関に限ります!)

患者様の中で「保険が効く」「保険が効かない」の認識度合いが意外にも差があると聞きましたのでここではその詳細を説明させて頂きます!

例えば、患者様が「肩こり」「腰痛」等の慢性的症状を何とかしたいと思い、「マッサージ」でも受けようと考えます。
そして、どこかで「施術」を受けようと思い、色々と探します。

「接骨院」「整骨院」「整体院」「マッサージ」等、色々な施術施設が目につくと思います!

「施術」を受けようと思って次に考えられる事は「施術費用」の事だと思います。
「健康保険」が使えます。
と書いてある「施術院」が目につく事でしょう!

「健康保険」が使えるという事は「施術費用」が「安い!」と想像されると思います!

「健康保険」が使える施術院。
結論的にそれは「接骨院」「整骨院」です!

ただし使える「健康保険」の症状に限定があります。
「捻挫」「打撲」「脱臼」のこの三つの症状のみ、「健康保険」が使えます。
「急性的症状」である、「捻挫」「打撲」「脱臼」が「健康保険」適用ということになります。

「接骨院(せっこついん)」「整骨院(せいこついん)」の資格は同じで「柔道整復師」という国家資格となります。
「柔道」でケガが起こりやすいのが「捻挫」「打撲」「脱臼」という事から、この3つの症状のみ、「健康保険」が使えます。

この「柔道整復師」という資格は「柔道家」の「食扶ち」を確保するため、救済措置としてこの3つ「捻挫」「打撲」「脱臼」を保険適用にしたという経路があります。

ゆえに「慢性的症状」である、「肩こり」「腰痛」は「保険適用外」になります!
(お医者さんは保険が効きます!)

「厚生労働省」は「肩こり」「腰痛」は「健康保険」は適応は認めていません。
「全国健康保険協会」等に問合せて頂ければ確認できると思います。

ここで微妙な話をしないといけないのでが、色々な方々から体験談を聞く事があります。

前、行っていた「接骨院」あるいは「整骨院」では「肩こり」「腰痛」が保険が効いていた。
と言われる患者様がおられます。

「整体」あるいは「マッサージ」をして貰ったけど、「健康保険」が効いた。
という患者様も聞いた事があります!

これは十中八九、間違いないと思うのですが、「不正請求」をその「接骨院」あるいは「整骨院」がしています!
これも聞いた話ですが、「肩の捻挫」「腰の打撲」で「保険請求」をすると「健康保険」が使えたりします!
でもこれって、「不正請求」ですよね!?
今まではそれで通っていたのです。(不正ですが)
但し、そのような不正請求をする「接骨院」「整骨院」ばかりではありません。
私の先輩も「柔道整復師」と「按摩マッサージ指圧師」をしている方がいますが、真面目にしています!

その証拠に最近、「接骨院」「整骨院」が「不正請求」で捕まっていると聞きます。

捕まると「保険差し止め5年」(健康保険が使えなくなる事)と今まで不正に請求した保険料の「返還請求」をされると聞きます。

今までは「保険協会」も大目にみていたところがあって、景気が悪く「保険料」が集まらないのと「接骨院」「整骨院」の件数が大幅に増えた事もあって、「肩こり」「腰痛」の保険請求を支払うという前に「保険料がない」という前提の中、そもそも「不正請求」なのでその「請求額」も膨大になり、取り締まっていくという方向性で動き始めたという事です。

小泉政権の時代に「郵政民営化」が有名ですが、同時に「柔道整復師」の学校を作る自由化をしてから「学校」が増え、「柔道整復師」の人数が膨大になったという経路もあります。